元・立誠小学校 of takasegawaongakusai.com

「高瀬川音楽祭2017 オープニングセレモニー」&「Aki-Ra Sunrise LIVE」


bfe10d_afe563733e7c4347af66c9aca7d5d8b5~mv2.jpg



2017年8月19日(土曜日)


第一部 「高瀬川音楽祭オープニングセレモニー」
開場 13:00 開会 13:30 入場無料

第二部 「Aki-Ra Sunrise LIVE」
開場 14:45 開演 15:00 入場料 3000円(立誠高瀬川夏祭り500円金券付き)

場所:元 立誠小学校 講堂京都市中京区木屋町蛸薬師下ル備前島町310-2)

ご予約・お問い合わせは、takasegawaongakusai@gmail.com、080-3873-2121(担当・岸本)まで。


※ オープニングセレモニーは、どなたでもご入場いただけます。Aki-Ra Sunriseによる記念演奏を予定しております。
※ 元立誠小学校では、8月19日、20日と立誠高瀬川夏祭りを開催中です。お化け屋敷や盆踊り、屋台もあわせてお楽しみ下さい。




元・立誠小学校

DSC06159.jpg
京都市立立誠小学校(きょうとしりつりっせいしょうがっこう)は、現在の京都府京都市中京区備前島町にあった公立小学校。学制創設以前の1869年に開校したいわゆる番組小学校のひとつで、1927年に完成した鉄筋コンクリート造校舎が現存しています。この京都市内に現存する最古の鉄筋コンクリート造校舎は元・立誠小学校と呼ばれ、1993年3月の閉校後にもさまざまなイベントに使用されています。




Aki-Ra Sunrise(アキーラ サンライズ)

bfe10d_f3f9ecbc50c145e5a144d6fc47306bbc.jpg_srz_1280_853_85_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srz.jpg
京都出身。京都在住。国内外さまざまな場所で活躍する音楽家。Aki-Ra Sunriseの奏でるサウンドは楽器をチューニングするのと同じように聴く人をチューニングし、その人らしさを引き出すエネルギーがある。音の波動によって人体や空間を調整するLIVE、ワークショップを開催。日本でもなかなか聴くことの出来ない楽器を演奏する。今日では科学的にも証明されている波動という目には見えない力を実際の音を浴びることで体感し、知ることのできる唯一無二のLIVEを展開する。小学校の時に和太鼓に出会い演奏し、低音の響きの洗礼を受ける。高校時代にドラムセットを始め卒業後、スペインへ旅に行った際アフリカの打楽器ジャンベと出会い、様々な人種の人々と言葉を超えたところで音楽によって繋がれることに感動し、コミュニケーションとしての楽器演奏を始める。老若男女、境のない繋がりを大切に、LIVEハウス、幼稚園や小学校、神社、仏閣から、レストラン、コンサートホールまでその活動は場所を問わず多岐に渡る。使用楽器はスイスの新しい楽器 ハング、自作水楽器の波動太鼓(ハドウラム)世界に一つのハープ ビワリラ、ジャンベ等のパーカッション、フルート、ディジュリドゥとマルチに演奏し、ラップトップでのトラック制作も行っている。水がバイブレーション(意識、波動)によって変化するという写真集に出会い、水はポジティブな波動によってきれいな結晶構造をとることを知り、それ以来、水楽器を作ればその水からの音によって、人体70%近くの水分の変化を意識しやすくなるのではないか?というところから、自作水楽器「波動太鼓 読:ハドウラム」チャカポコを製作開始。地球の海と陸の比率と、人体の水分とそれ以外の臓器や骨などの比率はだいたい同じ7割と3割で、人間にとって水は自分自身のことであり、人間と地球と水は切っても切り離せない関係で成立している。そんな日常当たり前にある水をもう一度見直して、その美しさ、おもしろさを音や視覚で意識しなおしてもらえたら、そこをきっかけに地球も人々も調和していけると思い活動している。ワークショップでは、自分に響く音を探しセッションをする「nature sessionワークショップ」を開催。2014年には音やボディワーク、食で自らを整える「セルフチューニングリトリート」を企画。その他、ヨーロッパツアーを行う等、今までに訪れた国は25ヶ国を越え現在もさまざまな土地で活動を続けている。楽器、音そのものが持つ可能性、原理、源を探求し、さまざまな土地、人、自然、地球と調和する波動を伝える音楽活動を展開。

https://www.aki-rasunrise.com